こんな場面を想像してください。たとえば、走者は捕球と同時にスタートしなければアウトになるとしたら外野手はグローブに触れた瞬間にお手玉を繰り返せば捕球したことになりません。

というわけで、犠牲飛球の場合は捕球ではなくボールがグラブに触れた瞬間にスタートしてもOKなのです。つまり、捕球と同時にスタートしなくてもよいのです。