私はこんな試合やプレイを見られたら、もう野球を見られなくなっても満足だ。

私は神宮球場の全試合を球場で見ている。無安打無得点試合と場外本塁打を見られたら60年の野球観戦に終止符を打ってもよいと思っている。それほどこの2つは現場観戦の夢なのだ。

この夢が叶えば満足、満足。この内、無安打無得点試合は神宮球場で見た。残るは場外本塁打だけだ。

とはいったが、実は密かに審判員がからむルールに関するプレイを神宮球場で見られたら同じく野球観戦に終止符を打ってもよいと思っている。

それは公認野球規則5.09(f)、6.08(d)のプレイだ。これは審判員に打球が当たった場合である。

左の写真で打球が直接二塁塁審に当たった場合に打者と一塁走者はどうなるか?

右の写真で打球が直接二塁塁審に当たった場合に打者と二塁走者はどうなるか?

この2つのプレイを現場で見られたら審判員オタクとしては満足なのであるが……。

さて、回答は実際に現場で見られた日にするということで……。