「同時セーフ」と聞くと、思い浮かぶのは二出川審判員の「俺がルールブックだ」。

1959年7月19日、大毎対西鉄(後楽園球場)、8回裏大毎の攻撃、走者一塁、醍醐選手がバンド、稲尾投手は二塁に送球、中根塁審はセーフと判定。これに対し三原監督が「同時アウト」と主張したが中根塁審は「同時セーフ」と言い返した。

三原監督はたまらず控審判員の二出川審判員部長に「同時セーフ」と主張。これに対し「ルールブックでは、走者の足よりボールが早かった場合のみアウトとあり、同時はアウトではない」返答した。

対して三原監督は「それが記されているルールブックを見せてくれ」と言ったら「俺がルールブックだ」とぴしゃりとはねつけた。

この「同時はセーフ」は「6.05」の「打者は、次の場合、アウトとなる」の「(j)打者が第三ストライクの宣告を受けた後、またはフェアーボールを打った後に、一塁に触れる前に、その身体または一塁に触球された場合」が根拠なのだろう。「一塁に触れる前」はアウトだけど、「同時」は「一塁に触れている」からアウトではない。アウトでないならセーフ。これが「同時セーフ」の理屈なのだろう。

だが、この場合は二塁での判定だ。その上、打者ではない。一塁走者の二塁でのアウト、セ-フの判定だ。これについてはルールブックのどこにも条文がない。

つまり6.05(j)を拡大解釈してどこの塁でも「同時セーフ」と拡大解釈したのだ。

二出川さんはルールブックを持ってなかったから「俺がルールブックだ」と言ったというけど、実は、ルールブックに、この判定についての条文がないことを知っていたので「俺がルールブックだ」と言わざるを得なかったのではないか……。