来年からネクスト・バッタースボックスで次打者が素振りをしている姿を見られる。右のような物置き状態がなくなる。
来年からネクスト・バッタースボックスで次打者が素振りをしている姿を見られる。右のような物置き状態がなくなる。

来年からグランド内に余計な人とモノがなくなってきれいになるぞ。

公認野球規則3.17の要点は、競技に携わっているプレーヤー、ネクスト・バッタースボックスにいる次打者、ブルペンで投球練習をしている投手しかグランドにいてはならないということだ。

以上はプレーヤーに関するルール。

グランド内のモノに関するルールはどうなのか? 

3.14に「攻撃側のプレーヤーは、自チームの攻撃中には、グラブ、その他の用具を競技場内からダッグアウトに持ち帰らなければならない。フェアー地域とファウル地域とを問わず、競技場には何物も残しておいてはならない。」。

来年からこのルールも適用されるはずだ。

今は、右の写真のようにネクスト・バッタースボックスにいろいろ用具が置いてあるから次打者はネクスト・バッタースボックスから離れたところで素振りをしている。ネクスト・バッタースボックスは用具の物置になっている。

来年からネクスト・バッタースボックスに置いてあるいろいろな用具もなくなるはず。ネクスト・バッタースボックスがきれいになる。

次打者がそこで素振りをしている。そんなシンプルな風景になるはずだ。そのシーンが目に浮かぶ。

早く3.17と3.14が適用されてごちゃごちゃしていないグランドを見てみたい。

というわけで、今回もだからどうなの話し。