本塁打で打点は付いたけど、得点が付かないことがあるなんて……

今夜はルールについての「だからどうなの話し」。

1991年6月18日、中日対大洋第11回戦(ナゴヤ球場)、10回裏、彦野選手が左翼席にさよなら本塁打をたたき込んだ。喜び勇んで一塁ベースを回ったところでうずくまった。膝を負傷し走れなくなった。

こんな場合に特別に代走が認められている。

「野球公認規則(c)【付記】プレイングフィールドの外への本塁打、または死球の場合のように、1個またはそれ以上の安全進塁権が認められた場合、走者が不慮の事故のために、その安全進塁権を行使することができなくなったときは、その場から控のプレーヤーに代走させることができる。」

代走になったのが山口幸司選手。一塁を回ったところから二塁、三塁、本塁を踏んで得点が成立した。

この場合に彦野選手に本塁打の打点は付くが、得点は山口選手に付く。

同じようにことがあったのか調べてみた。本塁打で代走が起用された選手がいた。1969年の1年間近鉄の助っ人外人選手ジムタイル。

1969年5月18日の阪急戦で本塁打した。ところが途中で肉離れした。それで伊勢孝夫選手が代走になった。

ジムタイル選手の記録がおもしろいのは本塁打がすべてシングルなので本塁打8本、得点7なのだ。

奇妙な記録だ。ジムタイル選手は日本野球界に奇妙な記録を残しただけだった。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。