さよならインフィールドフライ

今夜は“インフィールドフライのルールについて その3”の「だからどうなの話し」。

1991年6月5日、大洋対広島第8回戦(横浜球場)、9回裏、得点2対2の同点で一死走者満塁。インフィールドフライ状況だ。

打者清水選手は本塁付近に飛球を上げた。谷球審は打者アウトのジェスチャーとコールをした。

ところがこの飛球を達川捕手は捕球せずに落とした。そのボールを拾うと本塁ベースを踏んで一塁に送球した。その間に三塁走者の山崎選手が本塁ベースを踏んだ。大洋のさよなら勝利。

達川捕手と山本監督が併殺だと抗議する。だが、達川捕手は三塁走者の山崎選手のタッグしていなかった。

達川捕手、山本監督もインフィールドフライのルール知らなかったようだ。

さよなら勝ちの走者になった山崎選手は「インフィールドフライの宣告は聞こえたけど、ボールが落ちたので本塁に走った。それ以上は聞かないで。ただ好走塁と言っておきます」。

このコメントから山崎選手もインフィールドフライのルールを知らなかったとわかる。

達川捕手、山本監督、山崎選手、3人ともインフィールドフライのルールを知らなかった。

因みに谷審判員はこれでファインジャッジ賞を受賞した。

あまりにも有名なさよならインフィールドフライ。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。