今夜は“インフィールドフライと外野手の故意落球について”の「だからどうなの話し」。

一死満塁で遊撃手の後方に飛球があがった。一死満塁で内野手が前進守備をしていると左翼外野手が捕球することがある。この場合に二塁or三塁塁審は

直ちにインフィールドフライ宣告をしているように感じるのは私だけであろうか? 

インフィールドフライを決める条件は内野手が容易に捕球できるフライである。実際にフライを捕球するのは外野手が捕球してもインフィールドフライになる。

先ほどの例のように一死満塁で遊撃手が前進守備しているときに遊撃手後方の飛球を左翼手が猛ダッシュで前進捕球してもインフィールドフライの対象になる。もちろん審判員がインフィールドフライを宣告しているならば。

ところで故意落球のルールで、一死満塁のときに内野手が飛球を故意に落とした場合、ボールデットとなって、走者の進塁は認められない。

それでは外野手が故意落球したらどうなるのだろうか? ボールデッドとならずボールインプレーである。

故意落球は「内野手」と規定されていて「外野手」は除外されていない。

ならば、一死満塁で遊撃後方に上がった飛球を左翼手が猛ダッシュで前進して故意に落球し、三塁に送球し二塁走者を封殺。三塁手は二塁に送球し一塁走者を封殺すれば併殺を完成できるはずだ。そんな併殺プレーを見てみたいが、これは一種のだましプレーだ。

だから一死満塁で遊撃後方に上がった飛球をすぐに審判員がインフィールフライを宣告するのは外野の故意落球による併殺を防ぐためなのだ。そういうことなのだ。

というわけで、今回もだからどうなの話し。