3アウトチェンジを入れ替えることができるのだ

今夜は“やっぱアピールプレーを習慣化するについての”「だからどうなの話し」。

最近、アピールプレーを見かける機会が少なくなった。昔は、走者三塁が犠牲フライで本塁に生還する。捕手はそのタッチアップが早いと三塁に送球した。三塁手はベースに触塁する、三塁塁審がアウトorセーフのジェスチャーをする。こんなシーンを見かけなくなった。

いつだったかこんなシーンがあった。

一死走者二・三塁。打者はライトに浅い飛球をあげた。三塁走者は本塁に生還した。

二塁走者も三塁に向かった。右翼手は三塁に送球。二塁走者はアウトになった。3アウトチェンジ。

ただし、三塁走者は二塁走者が三塁でアウトになる前に本塁に生還していた。タイムプレーだ。1点獲った。

ところが捕手が三塁に送球した。三塁手がベースを触塁した。そうしたら三塁塁審がアウトのジェスチャーをした。

ここで面白いことが起こった。「あれ、4アウトだ」。

でも、そんなことをしても1点入っている。どうしようもならない。

ところがこの4番目のアウトを3アウトチェンジのアウトと入れ替えることができるのだ。そうなると1点が入らなくなる。

このときの捕手はこのルールを知って三塁に送球したのか。

それともこのような場面では必ず送球するのが習慣化していたのか。

それはわからない。

でも、結果として1点が入らなかった。野球は何が起こるかわからない。チャレンジするものだ。

この場面を見ながら思った。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。