振り逃げできる、できないカウントは ?

今夜は“振り逃げについての”「だからどうなの話し」。

振り逃げができない場面は無死・一死で走者が一塁にいた場合。

もう少し詳細に振り逃げの可否を状況別に一覧化すると図の通り。

なぜ、無死、一死で走者が一塁にいると振り逃げはできないのか。その理由は故意併殺(ダブルプレイ)を防ぐためである。

その根拠は野球規則(野球ルール)6.09にある。

打席にいる打者は「捕手が第三ストライクを宣告された投球を直接捕えられなかった場合に、打者は走者になる」と規定されている。

そこで、捕手は第三ストライクを宣告された投球を故意に落球し、打者を走者にさせれば、打者は一塁に走らなければならない。

捕手はそのボールを二塁に投げて一塁走者を封殺(フォースアウト)にし、それを捕球した二塁手は一塁に送球すれば併殺ができる。

この第三ストライクを捕手が故意落球することによる併殺を防ぐために無死・一死で走者が一塁にいる場合は振り逃げを認めないのである。

打者は、即、スリーストライクアウトになる。

因みに振り逃げが成立した場合の記録は、打者は三振、捕手は捕逸(捕手の失策)。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。