一塁ベースをファールラインに沿った位置に変更した

今夜は“一塁ベースの外と中心についての”「だからどうなの話し」。

本塁ベースから一塁ベースまでの距離は90フィート。その距離は1886年と1887年で異なっている。

図を参照。図は『スポルディング ベースボールガイド オフィシャル・リーグ・ブック(SPALDING`S BASE BALL GUIDE AND OFFICIAL LEAGUE BOOK)』より)。

左は1886年の図。右は1887年の図。

左の1886年は一塁ベースの中心までが90フィート。その上、一塁ベースはファールラインよりベース半分外に出ている。

右の1887年は一塁ベースの外側までが90フィート。一塁べースはファールラインに沿っている。

なぜ、一塁ベースが1886年の位置から1887年の位置になったのか? 

それは打球が一塁ベースに当たったときにフェアーかファールの判定が難しいからだ。

例えば一塁ベースのファールライン側に打球が触れた場合はファール。その判定が難しい。

それで一塁ベースをファールラインに沿って位置させた。そうすればベースに当たる打球はすべてフェアーとなる。

それで1887年に一塁ベースの位置を変更したのであった。

西岡選手のスリーフットラインの出来事以来、その起源や一塁ベースの位置など調べていった。そうしたら一塁ベースの位置が審判員がジャッジしやすいように変更していた。それを知った。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。