球審はインフィールドフライ・イフ・フェアーと宣告すべきだったのでは……

今夜は“インフィールドフライについての”「だからどうなの話し」。

5月4日広島対読売6回戦(ズームスタジアム)2対2の同点で9回裏広島の攻撃。

先頭打者ロサリオ選手は安打、梵選手が犠打で一死走者二塁、代打天谷選手は四球で一死走者一・二塁になった。

ここで審判員全員は左の写真のように胸に手を当てた。

このジェスチャーは、「インフィールドフライ」状況の確認だ。

内野に飛球が上がった場合に普通に守備すれば捕球できると判断したら打者はアウトになる「インフィールドフライ」ルールを適用する。

それを審判員全員が確認したのだ。

多くの場合に選手、コーチは審判員のこのジェスチャーを見ていない(このジェスチャーを見るのを私は楽しむ。「おお、やっている、やっていると」)。

次の打者會澤選手は左前安打。一死満塁になった。

一死走者満塁だから審判員は、再度、胸に手を当て「インフィールドフライ」状況は続いていることを確認する。

ここで打者小窪選手は捕手前に飛球を打った。

ここで、間髪いれずに球審は「インフィールドフライ・イフ・フェアー(フェアーなら「インフィールドフライ」。ファールなら「インフィールドフライ」にならない)」と宣告しなければならないのでは……。

ただし、「インフィールドフライ」は審判員の誰かが宣告して効力が発効する。

「インフィールドフライ」を宣告する、しないは審判員の裁量にゆだねられる。

三塁塁審は腕を天に向かって手を挙げ「インフィールドフライ」を宣告していた。

(審判員の一人でも「インフィールドフライ」を宣告したらルールは適用される)。

この飛球を村田三塁手、フランシスコ一塁手、實松捕手はお見合いし捕球できなかった。

グランドに落ちたボールを拾ったフランシスコ一塁手は本塁ベースを踏む。

封殺プレーと勘違いしている。

打者走者の小窪選手はアウトになっている。

各塁の走者に進塁の義務はない。

なのに三塁走者の野間選手は本塁に向かって走りベースを踏んだ

(本塁ベースを踏んだのは選手の本能。それでさよなら試合になった)。

実は、野間選手も「インフィールドフライ」のルールがわかっていなかったのではないか。

進塁の義務があると思って本塁に向かって走ったのではないか。

もしフランシスコ一塁手が野間選手にタッチしていればアウトだったのだ。

「インフィールドフライ」のルールを知らない選手。宣告しなかった球審。ああ悲しくなる。

唯一、三塁塁審が冷静に状況判断をしていた。それが救いだった。

胸に手を当てる「インフィールドフライ」ジェスチャーを選手も知っておきましょうよ。

その状況になったら必ず審判員4名は写真のように胸に手を当てるのだから。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。