プロ野球通算10万本塁打記録はなんとマレーロ選手

2017年6月9日オリックス対中日1回戦、5回裏、無死走者一塁でオリックスマレーロ選手が左中間観客席に本塁打を放ったが、本塁ベースを踏み忘れて記録は三塁打になってしまった。

ところが2017年9月29日対千葉ロッテ24回戦(ZOZOマリンスタジアム)でオリックスのマレーロ選手が6回表に放った本塁打が、日本プロ野球における通算本塁打10万号となった。

なんと2017年6月9日の本塁打を踏み忘れたのが幸いしてマレーロ選手は日本プロ野球に記録を残すことになった。

マレーロ選手が踏み忘れしなかったら99,999号を放った選手が10万号になっていた。その選手はT-岡田選手だったとのことで、ついていないね。

今日は、10万号とは関係なく踏み忘れのルールについて掲載します。