投球数1球、2球で勝利投手。その投手と球審は誰だ?

今夜は“1球、2球勝利投手の球審についての”「だからどうなの話し」。

2014年8月30日、楽天横山投手が史上初の珍記録をマークした。デビュー戦で初勝利。こんなことはよくある。だが、その初勝利はたった1球を投球しての勝利投手だった。

デビュー戦、1球投球で初勝利、これはプロ野球史上初だった。

このときの球審栁田昌夫審判員、一塁塁審福家英登審判員、二塁塁審牧田恭平審判員、三塁塁審森健次郎審判員。

過去の1球勝利と2球勝利をした投手を調べてみた。それとそのときの球審は誰かも調べてみた。

私が調べた限りでは5人の投手がいた。それが上記の表である。西武ライオンズ石井貴投手が1球と2球の勝利投手になっている。

石井貴投手の1球と2球勝利投手のときの球審をした審判員は山本隆造さん。同一投手1球と2球勝利投手の球審を務めた審判員はプロ野球史上たった1人の審判員である。ということで、山本隆造審判員を「審判員お宝入りデータ」として認定することにした。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。