青色網掛け部分が3000試合出場年月日と試合内容等がわかった審判員
青色網掛け部分が3000試合出場年月日と試合内容等がわかった審判員

3000試合達成審判員のうち、筒井修、丸山博、谷村友一審判員の達成年月日がわかりました。

今年、友寄正人審判員が3000試合出場を達成する。

過去、3000試合達成審判員は18名いる。

これら審判員が、いつ、対戦チーム、球場、審判員ポジションで達成したのか? 

残念だが、プロ野球公式記録集『オフィシャル・ベースボール・ガイド』に掲載されていない。

そこで、野球殿堂博物館所蔵の『スポーツ報知新聞』や『ブルーブック』『グリーンブック』をコツコツ繰りながら調べた。

その結果を報告する。

本日、3名の審判員の3000試合達成日等がわかった。

日本プロ野球史上初めて3000試合を達成した筒井修審判員(野球殿堂入)。

王選手がベーブ・ルースの通算714本塁打を抜く715号本塁打を打った読売対阪神の球審を務めていた丸山博審判員。

1973年、巨人が阪神に勝利してV9を達成した試合と1974年、中日が巨人のV10を阻止した試合の球審を務めた谷村友一審判員。

今日は以上3名。以後、コツコツ調べて、また、報告する。