1999年のさよなら試合で一番多く球審を務めた審判員は誰か?

今夜は“さよなら試合の球審について”「だからどうなの話し」。

野球ファンにセ・パリーグの年間試合でさよなら試合は何試合あるか聞いてみた。

多い人で20試合、少ない人で6試合と回答があった。

このHPを読んでくださっている方、1年間にさよなら試合は何試合あると思いますか? 

1999年のさよなら試合を調べてみました。1999年はオールスターを除いて816試合ありました。さて、さよなら試合は何試合あったか? 答えはいつかお知らせします。

今日は、1999年のさよなら試合で一番多く球審を務めた審判員を報告します。

笠原昌春審判員で6試合、その他は4試合の谷博、田中俊幸、眞鍋勝己審判員でした。

これだけで18試合になるわけですから20試合なんてことはありません。

さよならの内容は表を見てください。特異なさよならは福留選手のさよなら失策と新庄選手の敬遠球さよなら安打。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。