一軍初出場試合はどんな試合だったのか? 中村稔審判員編

今夜は“一軍初出場の試合内容について”「だからどうなの話し」。

初安打、初本塁打、初打点、初勝利投手、初奪三振。何でも“初”が冠されるプレーは記憶に残るのでは。

審判員でも同じではないか。

そこで、今年、記念の試合数に達する審判員の初出場の試合内容を調べた。

まず、2500試合を達成する中村稔審判員。

1989年4月16日が初出場の日。右翼線審がポジジョンだった。

この日はロッテ村田兆治投手が200勝達成を掛けた日だった。

初めて夫のグランドの投球姿を見た奥さん。バックネット裏では肘の手術をしたジョーブ博士観戦していた。

残念ながら182球の血染めの熱投も叶わず200勝はお預けになった。

中村稔審判員はこの試合の右翼線審で初出場した。川崎球場は3万人の観衆。

この日中村稔審判員は「デビュー戦で緊張したが、村田投手の200勝の掛かった試合と重なり、記念になった。早く球審ができるようになりたい」と初出場のコメントをしていた。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。