本田英志審判員の初球審 ヤクルト対横浜
本田英志審判員の初球審 ヤクルト対横浜

本田英志審判員が1000試合出場を達成

今夜は“審判員の出場記録についての”「だからどうなの話し」。

2014年5月9日、広島対中日6回戦(マツダスタジアム)、一塁塁審で1000試合出場を達成した。

初出場は1999年9月11日、横浜対広島22回戦(横浜球場)一塁塁審。この試合は横浜駒田選手がさよなら犠飛で試合終了した。

初球審は2000年4月13日、ヤクルト対横浜3回戦(神宮球場)。延長15回引分、試合時間5時間5分の長時間試合。

500試合出場は2007年10月13日中日対阪神CS1回戦(ナゴヤドーム)。

そして、9日に1000試合出場を達成した。

おめでとうございます。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。