1990年ヤクルト戦で球審を務めた審判員の勝利率

今夜は“ヤクルト戦の球審についての”「だからどうなの話し」。

審判員と相性があるのかな? 

我が応援するヤクルト戦でホーム、ビジターで球審を務めた1990年の審判員を調べた。

次に球審を務めた試合でヤクルトが勝利した試合数を調べた。

つまり、ヤクルト戦の球審の勝利率を調べたのだ。それが表である。

井上忠行、橘高淳、井野修審判員が球審をしたときは勝利率が高い。

渡田均、久保友之、鈴木徹審判員が球審をしたときは勝利率が低い。

こんなことを調べてもなんもならない。そんなことはわかっている。

でも、調べたくなったのは、もしかしたら審判員との相性があるのかなと思ったから。

これだけのデータではなんともいえない。もっとデータを集めなければ。

その通りである。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。