連続試合三塁打、連続打席三塁打の両記録で三塁塁審を務めた審判員は?

今夜は“三塁打の三塁審判員についての”「だからどうなの話し」。

連続試合三塁打のプロ野球記録は長嶋茂雄の4試合連続。

連続打席三塁打のプロ野球記録は3打席連続。

この記録の保持者は2名いる。読売の河埜和正選手と南海の蔭山和夫選手。

この三塁打記録のセーフ判定をした審判員は表のとおり。

稲田茂審判員はセ・リーグとパ・リーグの審判員をしている。パ・リーグ時代に蔭山和夫選手の三打席目の三塁打を判定している。セ・リーグ時代に長嶋茂雄選手の4試合目の三塁打判定をしている。

セ・パ両リーグの三塁打記録の審判員をしているとは珍しい記録だ。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。