1試合最多盗塁死の判定をした審判員と捕手は誰だ?

今夜は“1試合最多盗塁死についての”「だからどうなの話し」。

一回裏一死走者なし広島前田選手は中前安打で出塁後に二盗を試みるもアウト。

三回裏二死走者なしで広島緒方選手は四球で出塁後に二盗を試みるもアウト。

五回裏一死走者二塁で広島野村選手は一塁内野安打で出塁、一死走者一塁・三塁になる。この場面で野村選手は二盗を試みるもアウト。

六回裏広島先頭打者の正田選手は右前安打で出塁後に二盗を試みるもアウト。

七回裏一死走者なしで広島前田選手は中前安打で出塁後に二盗を試みるもアウト。前田選手はこの日二度目の盗塁失敗。あと一度したら個人の1試合最多盗塁死の記録をマークするところだった。

1試合5盗塁失敗。これは1試合最多盗塁死の記録である。

セ・リーグ史上4度目で31年ぶりの記録だった。

このときの盗塁死はすべて二塁ベースで起こっている。その判定をしたのは鈴木徹審判員である。審判員記録に残しておこう。

因みにこの試合の広島の対戦チームは大洋。5盗塁死させた捕手は谷繁である。

名捕手のサポートなしに鈴木徹審判員の1試合最多盗塁死判定記録はありえなかった。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。