セ・リーグのチーム別退場宣告数一覧表

今夜は“退場宣告についての”「だからどうなの話し」。

1950年、2リーグ後、セ・リーグの審判員に対する暴行、暴言、侮辱の退場宣告数を調べた。

表を見ていただけるとわかる。

阪神が退場宣告を受けた件数は最高。

その宣告原因は暴行が多く。首脳陣より選手が暴行しているケースが多い。

いちようこのデータから審判員は阪神戦のときに気をつけようということだ。やっぱ体が資本だものね。

一方、退場宣告が少ないのは読売。やっぱ「巨人軍は紳士たれ」ということか?

今後、対戦別の退場宣告とパ・リーグのデータも調べて報告する。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。