退場回数第一位のローズ選手に退場宣告をした審判員は?

今夜は“退場宣告についての”「だからどうなの話し」。

プロ野球で最多退場宣告を受けた選手は近鉄、読売、オリックスに在籍したタフィー・ローズ選手。

退場宣告数は14度、ほとんどがストライク判定に対する抗議暴言だ。

14度もあれば同じ審判員に宣告を受けても不思議ではない。ところが一度も同じ審判員に宣告をうけていないのだ。

意外にローズ選手は宣告を受けた審判員を覚えていて目をつけられるのを避けていたのではないか。そんなことを推量してしまう。

因みにローズ選手は二軍でも一度退場宣告を受けているので総数は15度になる。

いずれローズ選手が制裁金をいくら払ったのか報告するつもりだ。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。