審判員記念日がサヨナラ試合とダブった審判員は?

今夜は“記念日とサヨナラ試合”のだからどうなの話し。

審判員の一軍初出場、出場500試合、1000試合達成などの記念日。そんな試合がサヨナラ試合だったのを調べた。

直近だと2014年5月31日楽天対広島戦で橋本信治審判員が球審を務めて500試合を達成した。

楽天のAJ選手がサヨナラ3ランを打った。AJ選手をウォターシャワーで迎える選手の横で橋本審判員は本塁生還確認した。

2015年8月5日ソフトバンク対日本ハム戦で2500試合を達成した柿木園悟球審は11回裏本多選手のサヨナラ安打で二塁走者の本塁生還を確認した。

2015年9月9日阪神対読売戦で2000試合を達成した眞鍋勝已三塁塁審はマートン選手の中前サヨナラ安打で二塁走者が三塁を触塁するのを確認した。

2015年9月26日横浜DeNA対中日戦で一軍初出場した岩下健吾二塁塁審は筒香選手の同点右翼席本塁打後にバルディリス選手が打った左中間本塁打を追ってフェンス際にボールがスタンドに入るのを確認して頭上で右手を回した。

1990年から2015年までのサヨナラ1,689試合と審判員記念日とがダブったのはたった上記表に記した13試合しかない。

審判員データ集計マンとしては記憶に残る記念日になる。

それぞれの審判員にとっても記憶に残る試合になるだろうか……。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。