野茂投手登板試合の球審別三振判定数

今夜は“野茂投手の球審別三振判定数についての”だからどうなの話し。

1990年~1994年までの野茂投手の登板試合は139。奪三振試合は137。

昨日は137試合で球審をした審判員の回数を掲載した。

今日は137試合の1,204奪三振数を球審別に集計した。

球審回数トップの東利夫審判員は97三振判定数で第2位。トップは小寺昌治審判員の100三振判定。3位は牧野伸審判員96三振判定だった。

今日は結果発表だけ。というわけで、今夜もだからどうなの話し。