審判員白井一行の球団別球審出場試合数とスクワット数

今夜は“球団別球審数についての”だからどうなの話し。

2016年7月6日オリックス対ソフトバンク11回戦(京セラドーム)で二塁塁審を務め1000試合出場を達成した。

それで2015年までの球団別試合数とスクワット数を調べた。

白井一行審判員は元パ・リーグ関西勤務。

やはり関西のチームオリックス主催試合の球審回数が多い。意外だったのが九州福岡にあるソフトバンク主催試合の回数も多いことだ。

オリックスとソフトバンク主催試合の球審数は総球審数(オールスターを除いて252試合)の半分以上になる。

セ・リーグチームの球審数も西の方角の阪神、中日、広島が多い。

関東では西武、ロッテの球審回数が多い。

白井一行審判員が球審を務めるときのストライクコールは個性的だ。その声を聞くには関東の野球ファンは西武orロッテ戦を見ることだ。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。