20年ぶりの全6試合が1点差ゲームで審判を務めたのは誰か?

今夜は“20年ぶりの全6試合が1点差ゲームと審判員についての”「だからどうなの話し」。

2017年4月30日のプロ野球は6試合が行われ、全試合が1点差で決着がつくという、まれに見る接戦が展開された。

これは、1997年4月26日以来、20年ぶりの珍事となった。

この両年の試合に出場している審判員は何名いるか調べた。それが両年出場審判員の表と試合内容の表である。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。