初三振と1000三振を判定し、見届けた球審は?

2018年6月18日交流戦横浜対西武3回戦(横浜球場)で西武栗山選手が1000三振を記録した。

プロ野球史上65人目だった。

栗山選手の初三振を判定宣告した球審は柿木園悟審判員。1000三振を判定宣告した球審は山路哲生審判員。

1990年以後に1000三振を記録した選手で初三振と1000三振の球審を調べたところ現在までのところ近鉄でプロ野球をスタートした中村選手が初三振と1000三振を判定した球審は柿木園悟審判員その人だった。

現在までのところたった一人の審判員である。

以下に初三振、1000三振の球審名を一覧表にした。