1990年読売対大洋戦

1990年の読売対大洋戦では審判員渡田均が読売加藤初投手の大洋遠藤投手から1500奪三振判定をしたのが目立つ記録である。

1990年読売対大洋1回戦~26回戦までの読売対大洋戦平均1試合時間は3時間9分

(1990年全試合〔789試合〕の平均1試合時間は3時間13分)。

球審の読売対大洋戦スクワット数は1試合平均296

(1990年全試合〔789試合〕の平均1試合スクワット数は298)。

読売対大洋戦登板投手数は4.8人

(1990年全試合〔789試合〕の平均1試合登板投手数は5.2人)です。