写真を写してみた

この場面はどんな場面でしょうか? 捕手は投球を待って構えています。球審は判定姿勢をしています。それなのに、打席に打者は立っていません。ああ、そうか、球審は、投球練習を見て、判定の眼慣らしをしているのだ。ところで、打席を見てください。スパイクの跡はありません。まっさらです。そうです。これは先発投手が初回に投球練習するときの場面なのです。球審は、初回の表裏に必ず先発投手の投球練習を見て、眼慣らしをしているのです。気がついていましたか? とすると、毎回、毎回、球審は投球練習のときに判定の眼慣らしをしているのだろうか? 投手交代のときに球審はこの場面のようにな眼慣らししているのだろうか? そんな疑問が湧いてきませんか?(湧いてなんかこない。それは残念)。眼慣らしをするのは初回だけで、それ以外は他にやることがあってしていません。

というわけで、だからどうなの写真。