三塁ベースと本塁ベースを結ぶ線にポジショニングするのだ。

野球のだいご味のひとつに本塁のクロスプレーがある。走者は3塁から走ってくる。捕手は外野手からの送球を受取る。捕手はタッグし、走者は捕手とグラブとの隙間を狙って本塁ベースを触れようと滑り込む。

こんな緊迫した場面で、いままでは球審がどんなポジションニングでジャッジしているのかを確認できなかった。興奮してボールと走者だけを追ってしまうからだ。

ところが今年からボールと走者と捕手と球審が一挙に見えるようになった。

本塁のクロスプレーの球審のポジショニング基本は写真のように三塁と本塁ベースを結ぶ直線に立っていたのだ。

走者は捕手のタッグを避けるために捕手の左側に回り込むことが多い。

捕手はタッグをするために左側にグローブを向ける。

捕手がタッグしたのを見える最高のポジションは三塁と本塁ベースを結ぶ直線だったのだ。これがクロスプレーの基本。これに気づいてから球審のクロスプレーのポジショニングの変化が見えるようになった。

何でも基本を知ること。すると基本のバリエーションが見えるようになるのだ。

というわけで、今回もだからどうなの話し。