臨機応変にポジションを変えるのもクロスプレーの基本の基本。

球審は本塁のクロスプレーで三塁と本塁を結ぶ直線に立つのが基本の基本だとコメントした。

だが、捕球した捕手が本塁ベースを完全にブロックして走者が激突する場合は違う。

球審は激突する側面からタッグプレーを見るから一塁と本塁を結ぶ直線に立つポジションになる。

写真がその典型例である。上の左の写真。

球審は基本の基本である三塁と本塁を結ぶ直線に立っている。

次の上の右の写真。

捕手はすでに外野手からの送球を捕球している。そこで、走者は捕手の落球を誘うために捕手に激突しようとしている。ここで球審は捕手と走者の激突面を見るために一塁と本塁を結ぶ直線に移動し始めている。

下の左の写真。走者は捕手の右側に激突した。球審の目線はそれを確認している。

そして、最後の写真は一塁と本塁を結ぶ直線に立ってアウトジャッジしている。

捕手と走者が激突する場合は、基本の基本である三塁と本塁を結ぶ直線に立つわけでない。

激突面を見るために臨機応変にポジションを変えるのもクロスプレーの基本の基本である。

というわけで、今回もだからどうなの話し。