審判員はボールを砂でこねるのがお仕事。

審判員は試合が始まる前にボールを砂でこねる仕事がある。

パシフィックリーグの場合、ボールはの主催球団から審判員控室に7ダース運ばれてくる(その他に2ダースを別に準備している)。

公認試合球は左の写真のように銀紙に包まれている。

これをはがすと公認試合球が現れてくる。そのボールが右の写真。

まだ、光沢があるし、滑るので試合には使えない。

そこで、審判員が砂でボールをこねるのだ。

84個のボールをこねるのはちょっとした労働である。

これも審判員の仕事なのだ。

というわけで、今回もだからどうなの話し。