プロ野球ニュース画面より
プロ野球ニュース画面より

見会って、見会って! ではありません。

この写真、打者と捕手が向かい合っている。お相撲の立ち会いの場面のようである。球審が「見会って、見会って」と言いそうだ。

球審の両手の指先を見てもらいたい。両選手の足元に向いている。打者と捕手にその場所に立ちなさいと指示している? いえ、そうではない。このジェスチャーは打者に向かって言っているのではない。他の塁審に向かって言っているのです。

その意味は「私はホームベースを動きません」とサインしているのです。

この場面は二死走者2・3塁。ホーム・ベースでのタッグ・プレイがおこるかもしれません。それで球審は「この場所を動きません」と、ホーム・ベースに向けて指さしている。

これを「ステイ」という。

球審が「ステイ」ジェスチャーをする典型的な状況は、タイムプレイのときである。

例えば、一死走者2・3塁でレフト深く飛球が上がったとします。3塁走者は左翼手の捕球と同時に本塁に、2塁走者は3塁に向かった。そのときに左翼手は3塁に送球し、2塁走者をアウトにした。この場合に3塁走者の本塁生還と2塁走者の3塁アウトのどちらが早かったかを球審は判定しなければなりません。

このような状況では球審は本塁を動けません。それで、事前に他の塁審に「ステイ」のジェスチャーをする。

それがこの写真のほんとうの意味。

というわけで、今回もだからどうなの話し。