打者、走者、野手、次打者、投手、審判員のコラボレーション。

一死走者一塁、打者の打球は三塁線すれすれのライナーだった。三塁塁審はファール、フェアーの判定と左翼手がダイレクト捕球するかをジャッジするために外野へ向かった。打球はフェアーで安打になった。

走者は二塁を触塁し三塁に向かった。三塁ベースの触塁を確認するために球審が三塁ベースに走る。走者は三塁ベースを触塁し、本塁に向かった。一塁塁審が本塁のタッグプレイを判定する本塁ベースやって来た。

写真はこの場面である。

ホーム・ベースに一塁塁審、三塁ベースに球審、左翼線の打球をジャッジした三塁塁審が球審の向こう側にいる。次打者が走者に左側に滑り込めと指示している。投手は左翼手の捕手への送球をバックアップしている。

審判員、走者、次打者、投手、捕手、それぞれが自分の仕事をしている。

ボールを追うとともに、それに関連して動く選手と審判員の関連動作を追う。これが球場で野球を見る最高の楽しみだと思う。

というわけで、今回もだからどうなの話し。