一死走者ニ・三塁。レフトに大飛球。球審、塁審、走者の一連動きとタイムプレー。

ちょっと見にくい写真でごめん。

状況は一死走者二・三塁。打者はレフト深く大飛球を打った。その時の写真が右の写真。

左翼手は飛球を捕球している。二塁走者はタッチアップしている。

二塁塁審は左翼手の捕球と二塁走者のタッチアップを確認している。

三塁塁審は左翼手の捕球を確認している。

では、三塁走者のタッチアップを確認しているのは誰だろうか? この右の写真ではわからない。

左の写真。二塁走者は三塁ベース近くに走って来ている。

二塁塁審は二塁走者と伴走している。三塁のタッグプレーを判定するためだ。

三塁走者は本塁に向かって走っている。その横に球審がいる。

球審と三塁ベースと左翼手を直線で結ぶことができる。三塁走者のタッチアップは球審が確認していたのだ。

そして、左翼手からの三塁返球のタッグプレーと三塁走者の本塁生還とのタイムプレーも判定するのだ。

これが右と左の写真の二塁塁審、三塁塁審、球審、二塁走者、三塁走者の連携プレーなのだ。

球場ではこういう一連の動き見られる。だからやっぱ野球は球場で見なければ……。

というわけで、今回もだからどうなの話し。