球審は攻守交替のときに、どっち側の塁線で待つのかな

今夜は“球審が攻守交替のときにどっちの塁線で待つかについての”「だからどうなの話し」。

何でもその行為が違う場合には理由があるんだな。攻守交替のときに球審は一塁線に立ったり、三塁線に立ったりしている。どうしてかな~。

スリーアウトチェンジで捕手の後で判定していた球審は次にどう動くのか。まあ、こんなことを気にしてもゲームには関係ないのだが……。

多くの場合に球審は守備側の塁線に立つ。

投手がマウンドに向かって歩いてくる。ニューボールを渡す。このことをするために守備側の塁線に位置するのか。な~んだ、そんなことか。

それ以外に守備側の選手がベンチから守備位置にいそいでつくことを促す意味もあるようだ。試合時間短縮のためか。

それから投手が投球練習する。4球終えると「ワンモアーピッチ」とあと一球を投手に指示する。ついで攻撃側のベンチの打者に向かって「バッターアップ」と打席に誘導する。

つまり、攻撃側の塁線に立っていたら「バッターアップ」を言うには後を振り向いて言わなければならない。

ボールから目を離すことになる。それで守備側の塁線に立つのだ。

ボールから目を離さない。それに攻守交替を促す。そのために守備側の塁線に立つのだ。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。