写真を見てみた。

無死、中堅手の頭上越えor左中間、右中間を抜ける三塁打になるかもしれない打者走者、守備の中継、審判員の全体の動きを確認できたときに何年も野球場で野球を見ていて視野が広がったなと感じた。

私たちはテレビ野球の影響で打球のみを追ってしまう。そういう野球の見方に慣れているから野球場でも同じように打球のみ追ってします。

だが、野球場で野球を見る楽しみは、打球の方向で打者、走者、守備、審判員がどう関連して動くかを見られるかだ。

下の写真を見てください。

もし、打者の打球が中堅手の頭上を越えそうだとする。この場合、二塁ベースと中堅手の間にいる二塁塁審が判定するために飛球を追いかける。二塁ベースが空いてしまう。

三塁塁審は、中堅手の送球と打者走者のタッグプレイ、あるいは触塁を確認するために二塁ベースのカバーに向かう。

打者走者は二塁を触塁し三塁に走った。三塁ベースが空いている。

球審は、三塁のタッグプレイを判定するためにカバーに入る。三塁への送球がそれて打者走者が本塁に向かいランニング本塁打になるかもしれない。

一塁塁審は、打者の一塁触塁を確認したら本塁に判定のためにカバーに入る。

各審判員はどう動いて各塁をカバーしたか? 右回りに動いた。打者走者は左回りに走り、審判員は右回りに走る。

この審判員の動きが「時計回り」と気づき、「クロックワイズ方式」と知るのはどのくらい球場に通ってだろうか。

そんなことは審判員マニュアルに書いてあると言うが、審判員体験をしてない素人が審判員マニュルを読むようになるのは気づいてからなのだ。

野球場で、打球が外野に抜けたら打球を追うだけでなく審判員の動きを視野に入れてたら違う野球が見えるかも……。

というわけで、今回もだからどうなの話し。