相変わらずネットにピントが合ってピンボケ写真でごめん。左から原塁審、岩下球審、山路塁審
相変わらずネットにピントが合ってピンボケ写真でごめん。左から原塁審、岩下球審、山路塁審

「退場」の声が響き渡る。やっぱ二軍戦はこれだからいいな

今夜は“退場宣告についての”「だからどうなの話し」。

10日、今年初めての戸田球場。ヤクルト対楽天戦、強風で砂埃が舞う。

久しぶりに球審の退場宣告を聞いた。やっぱ二軍戦だと球場内に「退場」の声が響きわたる。実に気持ちよい。

7回表、楽天小斉選手がストライクを見逃した。岩下球審が見逃三振を宣告。そのときに判定に対し何らかの侮辱発言があったのだろう。すぐさま「退場」の宣告が球場内に響き渡った。

一軍では退場宣告は球審のアクションで判断するしかない。実際は「退場」と声を出しているはずだ。

二軍戦だと球場内に響く。久しぶりに生声を聞いた。

岩下球審はただちに場内マイクで侮辱発言があったので退場にしたと報告があった。毅然とした態度だった。

岩下球審はNPBに退場宣告の報告書を提出し、後日小斉選手にはNPBから制裁が科される。

試合終了後に帰りがけに偶然岩下球審とすれ違った。「岩下さんお疲れさん」と声を掛けた。「はい」と返事した。それだけ。

最近、二軍戦は抗議も少ない、静かな試合が多い。退場宣告も何年ぶりに聞いたことだろう。岩下球審も久しぶりなのではないか……。

まあ、今日の収獲の一つかな。

因みに試合内容の報告。楽天の松井投手が登板した。私の評価は良くない。

ヤクルトの児山投手。1回の投球で2安打された。でも、投球フォームはムダがない。私はちょっと期待できると評価した。

11日も戸田に行く。今年は多めに通うつもり。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。