「球審平均労働時間」と比べて初球審から紆余曲折があった事例

今夜は“球審平均労働時間についての”だからどうなの話し。

このグラフで見ると2000年まで紆余曲折の動きをしている。

いままでの事例だと初球審から5年位経過すると「球審平均労働時間」に沿った動きをする。

ところがこのグラフの審判員は2000年までに動きが激しい。

おそらくいろいろなことがあったと推定できる。

その訳は不明だが、「球審平均労働時間」と比較すると審判員の状況が見えてくる一例として取り上げた。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。