あれいつもとちょっと違いがわかる定点観測席 その2

今夜は“定点観測についての”だからどうなの話し。

今日も定点観測の話題。

いつも同じ席で試合を見る。選手の守備位置、打者のフォームの変化、投手のボールの質などの変化がわかる。それだけでない審判員のフォーメイションの変化もわかる。

これを神宮球場定点観測と言っている。

2016年4月14日ヤクルト対読売6回戦7回裏二死走者一塁でバレンティン選手が左中間を破る二塁打を打った。

一塁走者は二塁、三塁を駆け抜けて本塁に向かった。

あれれ! 

二塁塁審が一塁走者の三塁ベース触塁を確認するために三塁ベースに向かった。

球審は本塁にいる。球審が、走者の三塁触塁を確認に三塁ベースに向かってない。

だから、一塁塁審は本塁に向かわず、打者走者のバレンティン選手の二塁判定に向かっていた。

これもいつもの風景と違う。

これも定点観測だからわかることだった。

2016年4月14日ヤクルト対読売6回戦は2度もいつもの審判員フォーメーション風景が見られた試合だった。

これも定点観測席でプレーを見ているからだ。違いがわかる観客。

やっぱ定点観測席で見続けよう。

というわけで、今夜もだからどうなの話し。