さよなら試合に立会い、見届けた回数29で第20位良川昌美

1990年~2019年のさよならゲームは、さよなら本塁打、さよなら安打、さよなら犠飛、さよなら四球、さよなら死球、さよなら失策、さよなら暴投、さよなら捕逸などなど2,045試合ありました。

その試合のゲーム終了を宣告、見届けた球審は92名いました。

その球審で、ゲーム終了を宣告、見届けた回数で第20位良川昌美審判員の試合内容一覧表を掲載します。

 

私の個人的な感想ですが、良川昌美球審にとっての忘れられないさよなら試合は1997年10月7日、オリックス対ロッテ戦でオリックスイチロー選手が初めて打ったさよなら本塁打ではないでしょうか? 

イチロー選手は日本で活躍した時代でたった2本のさよなら本塁打しか打っていません。

その2本目が1999年7月22日オリックス対ダイエー戦で延長11回さよなら本塁打を放っています。

この2本のうち1本を立会い、見届けことは良川昌美審判員にとって忘れられない一打になったのではないでしょうか。