さよなら試合に立会い、見届けた回数25で第23位上本孝一

1990年~2019年のさよならゲームは、さよなら本塁打、さよなら安打、さよなら犠飛、さよなら四球、さよなら死球、さよなら失策、さよなら暴投、さよなら捕逸などなど2,045試合ありました。

その試合のゲーム終了を宣告、見届けた球審は92名いました。

その球審で、ゲーム終了を宣告、見届けた回数で第23位上本孝一審判員の試合内容一覧表を掲載します。

 

上本孝一球審が務めたさよなら試合で記憶しておきたいのは投手がさよなら本塁打を打った試合です。

1990年8月14日広島対中日戦で広島佐々岡投手がさよなら本塁打を放ちました。

これ以後現在まで投手がさよなら本塁打を放った試合はありません。

DH制度、投手分業制になった現在では投手がさよなら本塁打で試合を決めるのは恐らく今後ないでしょう。

そんなわけで上本孝一球審は投手さよなら本塁打を立会い、見届けた最後の審判になるでしょう。

 

因みに過去の投手さよなら本塁打は①1950年5月29日大映対近鉄、大映林投手。②1951年9月16日近鉄対阪急、近鉄五井投手。 ③1955年4月9日阪急対大映、阪急原田投手。④1955年5月26日国鉄対中日、国鉄金田投手。⑤1955年6月9日読売対中日、読売別所投手。⑥1959年5月30日国鉄対大洋、国鉄金田投手。⑦1963年8月26日阪急対西鉄、阪急米田投手。⑧1967年5月13日サンケイ対中日、サンケイ佐藤投手。⑨1968年5月18日読売対サンケイ、読売堀内投手。⑩1969年4月12日ロッテ対南海、ロッテ木樽投手。⑪1969年5月29日東映対西鉄、東映金田投手。⑫1969年10月18日阪急対近鉄、阪急宮本投手。⑬1973年8月30日阪神対中日、阪神江夏投手(無安打無得点試合)。⑭1988年5月13日中日対読売、中日郭投手。⑮1990年4月8日読売対ヤクルト、読売木田投手。⑯1990年8月14日広島対中日、広島佐々岡投手。