さよなら試合に立会い、見届けた回数25で第23位津川力

1990年~2019年のさよならゲームは、さよなら本塁打、さよなら安打、さよなら犠飛、さよなら四球、さよなら死球、さよなら失策、さよなら暴投、さよなら捕逸などなど2,045試合ありました。

その試合のゲーム終了を宣告、見届けた球審は92名いました。

その球審で、ゲーム終了を宣告、見届けた回数で第23位津川力審判員の試合内容一覧表を掲載します。

 

津川力球審が務めたさよなら試合で記憶しておきたいのは2017年11月4日、日本シリーズ第6戦のソフトバンク対横浜戦。

11回裏ソフトバンクは二死走者一・二塁で川島選手が一二塁間を抜くさよなら安打を放ちました。

二塁走者中村選手が本塁生還してソフトバンク4勝2敗で日本シリーズ優勝を決定しました。

日本シリーズ優勝決定さよなら試合はこの試合が4度目で①1950年毎日と松竹②1965年読売対南海③1988年西武対中日です。

津川力球審は4人目の日本シリーズさようなら優勝決定に立会い、見届け審判員になります。